VOICE DB

KZ ZS7

文句の付け所がない音でした。

numa

| 3586 | 1 | 2018年12月30日

目次

-- KZ ZS7 --

zs7の第一印象は「zs6とzs10のいいとこ取りな音」でした。

今回のレビューはzs6とzs10との比較を中心に書いていこうと思います。


高音域の詳細

zs6と比べると控えめです。

zs6の高音域は多少出すぎている気がするので、zs7の高音域はちょうど良く感じます。

zs10と比べた場合は、高音域自体の量は同じくらいなのですがzs7の方が高音域の質が良いと感じました。


中音域の詳細

中音域に関しては驚きました。

普段のkzはボーカルらへんの音が多少荒く埋もれている印象の音なのですが、zs7はボーカルが鮮明に美しく聞こえます。

zs6では奥に引っ込みがちなボーカルがzs7では「自分が主役だ」と主張しているようにはっきりと聞こえます。

zs10と比較して感じたことは違いは音の迫力と質です。

zs10よりも強く芯があり、そして荒さが感じられない滑らかな音だと感じました。


低音域の詳細

kzにしては強めな低音域だと感じました。

ここ最近のkzのイヤホンの中ではかなり低音域が出ていると思います。

ba10も低音域が多いイヤホンですが、ba10のようにブリブリした低音域でなく引き締まった低音域がzs7の特徴です。

「引き締まった低音が全体の音を一番外側で包み込んでいる」のような音が個人的にとても好印象でした。


解像度の詳細

とても高いです。

音の鮮明さに関しては各音域で書いている通りとても良いです。

ここに関しては聞いてみないとわからないことが多いのでこのくらいにしておきます。


分離感の詳細

4ba + 1ddのイヤホンなだけあってそれぞれの音がしっかりと分離して聞こえます。

ハイブリッド特有の音の被りも少なく感じるので、ほとんどの人が満足する分離感だと思います。


装着感の詳細

zs6と同じですね。

私は問題なく装着できるのですが、耳の小さい方はイヤホンの角が当たって耳が痛いと感じることがあるかもしれません。


遮音性の詳細

ベントがあるので良いとは言えません。

しかし、遮音性が悪いわけでもありません。

zs6くらいの遮音性です。


総評

現状のコスパ路線のイヤホンでは最適解


※投稿に記載されている「不具合」「欠陥」「金額」「在庫」などの情報は投稿の投稿日( 2018年12月30日 )の情報です。

Amazonの検索結果

※広告ブロック系のプラグインを追加していると表示されない場合があります。

楽天の検索結果

※広告ブロック系のプラグインを追加していると表示されない場合があります。

コメント

コメントが見つかりませんでした。

※コメントの情報に関してはコメントの投稿日時点の情報になります。

コメントの投稿

同じカテゴリのレビュー

Topics